It's a GADGET!

Archive

2011年07月 1/2

手に負えないので

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.仕事場の近くに直線的ですっきりとした、すばらしい建物がある。でも写真にしようとすると、シンプルすぎて私の技量では手に負えない。この教会ですので、我と思わんかたはぜひ。...

  •  2
  •  0

降ったり、止んだり、ときどき晴れたり

EOS 5D MarkII+EF24mm F1.4L IIこのところの山頂は、ずーっと、降ったり止んだり、時々晴れたり。日が差すと慌ててカメラを抱えて外に出るのだけど、しばらくすると急に強い雨が降ってきたりするので、家からあまり離れられない。EOS 5D MarkII+EF100mm F2.8L IS Macro家の周りではいま、ギボウシが満開。...

  •  0
  •  0

サマーセール

LEICA M9+SUMMICRON-M 1:2/35 ASPH.私には買い物で丸の内にやってくるという発想はない。よく見てみると(よく見なくても)結構いろんな店があるのだけど・・・。考えてみたら、私はカメラ屋とか電気屋以外の買い物に自ら進んで行くことはほとんどない。もともと私の買い物に対するイメージ自体がすこぶる貧弱なのだった。...

  •  6
  •  0

夏~六本木

LEICA M9+SUMMICRON-M 1:2/35 ASPH.そろそろ秋のイベントに向けて六本木通いが始まる。でも、用事のある六本木ヒルズ以外へはほとんど行かない、行く気にならない。何となく、生理的に合わない街なのだ。何故だろう?...

  •  10
  •  0

大人のグランドカヴァー

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.フツーにグランドカヴァーと言えば、昨日の公園の写真みたいな芝生とか、土手みたいな雑草。でも、山頂では苔がグランドカヴァーになっている庭が多い。乾燥はもちろん、踏まれたりするのにも弱く、生育も遅い。おまけに最近では放射能を蓄えやすいこともわかって、少々やっかいなのだけど、しっとり感漂う緑は、芝生にはない「大人」の落ち着きを感じさせてくれる。...

  •  2
  •  0

土手

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.土手と言えば、屋外で座ったり、寝転んだり、転げ回ったりできる数少ない場所のイメージがある。夕陽の土手に、ちょっとほろ苦い思い出がある人も多いかもしれない。今の都心の土手にもそんな気配はあるのだけど、実際に憩う人はさほど多くないようだ。子供を遊ばせるにもまず放射線量を測ったりしていて、あまりのびのびした感じもない。この子達が大人になって持つ土手のイメージは、我々と全...

  •  6
  •  0

存在感

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.新宿御苑にて。ここから望む広い空の中にこのビルが建ったときは、「ったく、こんなところに建てやがって!」と鬱陶しく思った。だけど、今ではこれが無い風景など思い出せないほど、上手く溶け込んでいる気がする。風景ってそういうものなんだな、と思う。...

  •  2
  •  0

隠滅

LEICA M9+SUMMICRON-M 1:2/35 ASPH.写真とは関係ない話ではありますが・・・。中国は例の高速鉄道の先頭車両をバラバラに砕いて埋めてしまったらしい。正確な原因究明などするつもりがないのだ。停止していたボンバルディアの車両に、日本の技術を取り入れた車両が追突した(当初の報道は逆)らしいから、そのうち、日本の技術が悪かったとか何とか言って、賠償請求でもしてくることもあり得る。それよりも、こういう体質の国が原発や...

  •  2
  •  0

丸の内の休日

LEICA M9+SUMMICRON-M 1:2/35 ASPH.半年ぶりに休日の丸の内へ行った。平日はよく行くし、このブログにも何度か登場している。以前、休日のこの辺りは人がいなくて閑散としていたのだけど、最近は違うらしい。レンズも趣向を変えて、久々にちょっと苦手な35mm。この街では意外と使いやすい画角だった。それにしても、こってりとしたレンズだなぁ。...

  •  6
  •  0

CANAL CAFE

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.皇居の外堀に作られた、都心では貴重な水辺のカフェ。でも・・・夏、特に風のない日はお勧めできない。正直言って、お堀が臭いです!...

  •  2
  •  0

偽りの街

GR Digital 3噴水を中心に広がるきれいな街並み・・・と思いきや、ここは本当の街ではない。埋め立て地に出来た巨大な結婚式場だ。だから、式や披露宴がないときは、人っ子ひとりいない異様な景色になる。そんな偽りの街の教会から、今日も鐘の音が響き渡っていた。...

  •  2
  •  0

早稲田のガウディ

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.こう書かないとエントランスがわからないほど、ユニークな建物。示されたエントランスはこんな風だ。...

  •  6
  •  0

まつりの準備

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.降り続いた雨が止んで、まつりの準備が始まった。神楽坂のお祭りは何もかもが地元商店街の手作りで、雰囲気がとてもいい。だけど、毎年人出が多すぎる。一足早くオープンした露店で新鮮野菜を買って、早々に退散。...

  •  2
  •  0

毒抜き

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.山頂にしばらくいると、こういうこってりした被写体に目が行かなくなる。全身から毒気が抜けちゃって、あっさり、すっきり、あっけらかんとした景色ばかりを狙うようになってしまうようだ。それはそれで悪くない人生だと思うけど、まぁ私のような人間には、どっちつかずでテキトーに毒を食らっていた方が性に合うような気もする。...

  •  2
  •  0

改築ラッシュ

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.いま、我が家の周辺では、あちこちで古い家や別荘の改築工事が行われている。つい最近までうち捨てられていた別荘地に、急にたくさんの人が戻ってきていたりして、ビックリ。もちろんこの夏の節電対策のためなのだけど・・・。そうじゃなくても夏の間、身動きが取れないくらいの渋滞や人混みの襲われるこの街。いろいろなインフラはこの状況に耐えられるんだろうか?...

  •  2
  •  0

山頂の目覚め

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.この時季山頂では窓を開けて寝ているので、朝は鳥の鳴き声で目覚めることが多い。ホトトギスかコジュケイの特徴的な鳴き声は、寝ぼけ頭でも認識できる気持ちのいい目覚まし音だ。寝室の真向かいにアカゲラのやって来る木があって、朝からドラミングされると何となくたたき起こされたような感じになる。その代償がこんな景色だったりするから、文句はないのだけど。...

  •  2
  •  0

涼を感じる

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.山頂の最高気温29度。東京とは比べようもないけど、このあたりの人にとってはかなり暑い。でも、神社の木陰は冷たいくらいの風が吹き抜ける。天然水の手水がいっそうの涼を感じさせてくれた。...

  •  2
  •  0

石垣の上の花

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.浅間石の石垣の上に小さな花がびっしりと咲いていた。ユキノシタ。ちょっと変わった形の花だ。マクロがないのでこれ以上寄れないけど、見た目の雰囲気はこの通り。はかなげな、心細い、ちょっと守ってあげたくなる感じの花だ。...

  •  4
  •  0

ベネチアの風

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.今一番行きたいところはベネチア。でも時間が無いので、品川あたりをぶらついてみた。目をつぶって深く息を吸い込んでみる。う~ん、ベネチアの香り。でも、つぶった目はいつか開かねばならない。そのままじゃ写真撮れないし・・・。ハイ、目を開ければ、そこは紛れもないトーキョー・ニッポン。しかもこれから打ち合わせ。...

  •  2
  •  0

コンコース

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.照明が消され、空調の止まった駅のコンコースを人波みに飲まれて歩いていると、自分がどこに向かっていたのかわからなくなる事がある。ま、仕事の打ち合わせに向かうときだけなんだけど。カメラ屋とか飲み会に行く時は噴き出す汗も気にせずまっしぐら!★ ★ ★切り口のすばらしいこちらのブログの作者さんたちと食事をご一緒しました。そのときの様子が記事になっています。メタボな体をさらし...

  •  4
  •  0

宅急便に感動した話

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.ほおずき市での写真が続いたけど、もう一日だけおつきあいを・・・。昨年の我が家のお中元は、入谷の朝顔市の朝顔。毎年朝早く同じ露店で選んで、クロネコヤマトの宅急便で送っている。発送から3日経った猛暑の日、受取人の近くの宅急便から電話があった。「○○様が長期ご不在のため、配達が完了しておりません。お荷物が朝顔でしたので、申し訳ありませんが開封して水をあげております。この後どの...

  •  4
  •  0

ゆかたdeカメラ

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.浅草寺ほおずき市でのひとコマ。手首に巻いたストラップが写真慣れを感じさせる。写真を撮るんだけど、お祭りなんだしゆかたを着ていこう・・・というところか。撮影、お祭り、おしゃれの3つを同時に満喫する姿にいたく感動。...

  •  8
  •  0

ほおずき市スナップ

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.浅草・浅草寺でほおずき市が行われる7月9・10日は、「四万六千日」と呼ばれている。この日参拝すると4万6千日間毎日参拝したのと同じ功徳を得られるという意味だ。今年はたまたま土日にあたり、しかも梅雨明け直後の晴天。境内はかなりの人出になっていた。ほおずきを売っている店の多くが、いわゆるテキ屋さん。植木屋さんの多い朝顔市と比べると、活気があって華やかな気がする。...

  •  6
  •  0

私を誘ってください

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.浅草寺のほおずき市に行った。我が家のお中元は、入谷の朝顔まつりの朝顔が毎年の恒例なのだけど、今年は震災の影響でまつり自体が中止になってしまった。そこで今年は浅草寺の鬼灯を。でも調べてみたら、鬼灯の花言葉って・・・「私を誘ってください」「頼りない」「半信半疑」「偽り」「欺瞞」。なんか凄いことになっている。お中元として良いのか、これ? もう贈っちゃったけど。...

  •  6
  •  0

梅雨時写真~山頂の街編その2

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.民家の壁が緑色なのは色かぶりじゃなくて、実際に庭の緑を写している。山頂の街の梅雨は空気そのものが緑色に染まる。山頂の我が家あたりは、朝晩の気温が20度前後。今年に入っての最高気温が28.8度。湿度が高いといっても、東京に比べたら天国だ。湿った苔の間にきのこが生える。動物による食痕があるけど、食べる勇気はない。そんな山頂の梅雨もあっさり明けた。...

  •  2
  •  0

梅雨時写真~山頂の街編その1

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.今年の梅雨は早く明けるかもしれない。カラッと晴れた夏に梅雨時のじめじめしっとり感漂う写真はあまり見たくないかも。で、今のうちに梅雨時に撮った写真をまとめて放出。M9+Summilux50mmは、こういうしっとりとした風景を良い感じで切り取ってくれる。梅雨の間はカビが生える間もないほど、出ずっぱり。梅雨が終わって燦々と陽が降り注ぐようになったら、この組み合わせでどんな画が撮れるの...

  •  2
  •  0

猫のいない街・丸の内 その2

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.猫のいない街、丸の内。生活臭がないのに何故か落ち着く街だ。休日、ビルに囲まれた中庭になら、一日中でも座っていられる。山頂の自宅のテラスにいるのと同じ位にくつろぎを感じるのはなぜだろう。...

  •  4
  •  0

高原のミストサウナ

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.私の住んでいる街は避暑地として有名で、一年中爽やかな高原だと思われている。だけどそれは大間違い。標高1000mだから気温は低いけど、湿度はかなり高い。この季節、風が止まって日が差してくるとミストサウナみたいになる。それが緑を生き生きとさせてくれているのだけど。...

  •  0
  •  0

山の街の犬たち

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.私の住んでいる山の街では大型犬を飼っている人が多い。それも一匹でなく二匹以上。そしてどの犬もおっとりと幸せな顔をしている。...

  •  4
  •  0

ルール無用

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.塀のない山頂の街の「お約束」(一昨日の記事参照)は、野生動物には通用しない。で、クマ、サル、イノシシ、鹿、キツネ、タヌキ、ハクビシン、アライグマなんか(そこら中に穴を掘ったり植物を食い荒らしたりするので意外にたちが悪い)が庭に入ってこないように実力行使をする。電気ショックは火花が散ったりする事があるくらいのパワーだそうだから、もちろんヒトも感電する。このあたりのヒ...

  •  0
  •  0

猫のいない街・丸の内 その1

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.(多分)丸の内に猫はいない。ここほど「暮らし」という言葉からかけ離れた場所はないからだ。街を構成するあらゆるものが全て人工。でも、それはそれで落ち着くから不思議だ。...

  •  8
  •  0

夜目遠目門の内

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.山頂の街では家の周りにブロックなどで塀を作ってはいけないルールになっている。どうしても自分の家の敷地を囲いたい人は、生け垣とかこうしてあまり存在感のない囲いを作る。門に関しては特にルールはないようで、立派なものも多い。周囲に塀がないわけだから、外部からの侵入を物理的に防ぐというより、勝手に入らないでねという「お約束」みたいなものだ。こうしてしっかりと閉ざされた門が...

  •  4
  •  0

水辺に住む

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.水辺に建つ別荘。さぞかし気持ち良いだろうなぁ・・・と思う人が多いかも。しか~し、この時季普通の別荘でも梁からは雫が落ち、障子には自然とシミができるほど湿気の多いこの街。水の上に建つこの建物のなかはいったいどうなっていることか。「真夏の一週間くらいしか使わないから気にならない」というのかもしれないけど。...

  •  0
  •  0

智恵の木

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.私が勝手に「智恵の木」と呼んでいる木。そういえばパソコンの裏側もこんな風になっているなぁ(汗)...

  •  2
  •  0

明け渡し

LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.山の街にあるお気に入りのカフェへ。しっとりと湿った空気のおかげで森の木々はすこぶる元気だ。これからしばらくはこのカフェもお預け。ここは知る人ぞ知る人気店で、夏の間は観光客に明け渡すことになる。...

  •  4
  •  0