It's a GADGET!

Archive

2018年03月 1/1

日の目

LEICA Q (TYP116)赤坂プリンスホテルの跡地(千代田区)東京の桜はそろそろ終わり。今年は一気に暖かくなったので、花の期間が短かった。その分咲き誇る姿は美しく、ブログ的には旬を逃して日の目を見ない写真の量産だ。アークヒルズ周辺(港区)清水谷公園(千代田区)...

  •  4
  •  0

散り始め

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR外濠周辺の桜が散り始めた。(3月29日朝撮影)暑い位の気候だけど、週末までは何とか保ちそうだ。...

  •  2
  •  0

横断中

LEICA Q (TYP116)あまりに桜日和だったので、打ち合わせ先から6駅分歩いた。マスクをしていても鼻は詰まり、涙はにじみ・・・、苦しい。...

  •  6
  •  0

尋問ごっこ

LEICA Q (TYP116)佐川元局長の証人喚問を見た。例によって何の新しい事実も出てこない。今回に限らず、素人が中途半端な調査でなまくらな追求をしたって無理なんじゃないか?野党がやりたいのは証人を人前にさらすことだけで、まともに追求する気なんか無いのかもしれないとさえ思えてくる。この程度の調査力・追求力で首相夫人とか元付き人を引きずり出しても、同じ結果が見えている。...

  •  6
  •  0

白いフェンス

LEICA Q (TYP116)温かな休日に自分でペンキを塗る平和な家庭。白いフェンスの勝手なイメージ。海沿いの家の方が似合う・・・かな?...

  •  2
  •  0

土緩む

EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II冬の間シャベルも突き刺さらないくらい固く凍っていた土が、このところの暖かさですっかり軟らかくなった。いったん融ければ来冬まではもう凍らない。コブシの花芽も大分膨らんできた。桜はまだ先だけど。...

  •  4
  •  0

まさかの満開宣言

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR朝少し早く目覚めたので、東京の家の周りをグルッとひとまわりして桜の様子を見てきた。写真は当然咲いているところで撮るけど、実際にはほとんど咲いていない木もあり、家人や知人に「3〜5分位かな」と報告した。その直後、ニュースでまさかの東京満開宣言。そんなバカな!私の立場はどうなる?この奧にある標準木、過保護でちょっと早すぎなんじゃないの?...

  •  5
  •  0

変化

EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II東京は春爛漫だけど、山頂の街に春の兆しが見えるのはもう少し先。そんな変化の少ない季節、いろいろなものを写して千状万態の水面は貴重な被写体だ。...

  •  2
  •  0

凛と・・・

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WRあちこちで季節はずれの大雪が降った日、都心は雨。皆が注目する咲き始めたばかりの桜の陰で、椿がひっそりと、でも凛と咲き誇っていた。...

  •  2
  •  0

朝景

EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II春分の日が過ぎて、朝景を撮るのに早起きが必要になってきた。...

  •  4
  •  0

「?」

LEICA Q (TYP116)「ど〜する〜?」「止まる?」「客少ないからどっちでも良いか」・・・そんな感じ?...

  •  4
  •  0

改革

EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II宅急便の定期集荷の時刻が2時間以上早くなった。「働き方改革」の一環だそうだ。我々の仕事の時間もそれに合わせて早めなければならない。顧客ファーストじゃない、ある意味迷惑な話でもある。相次ぐ小売商品の値上げも、大半は輸送コストの上昇が理由らしい。今まであまりピンと来なかった「働き方改革」とやらの実態が、政府の説明じゃなく、一運送業者の加担で見えてきた。...

  •  3
  •  0

取っ手

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR学校は「ガクコウ」ではなく「ガッコウ」、作家は「サクカ」ではなく「サッカ」、日記も「ニチキ」でなく「ニッキ」、立体・圧迫・拮抗・即刻・・・。でもドアなどの「トッテ」は「取手」ではなく「取っ手」と書く。なぜだ?...

  •  6
  •  0

着信音

LEICA Q (TYP116)CMでiPhoneの着信音を使うのは反則だろう!ちなみに緊急地震速報の音、ニュース速報の音等は、番組中やCMでは使わないことになっている。当然だ。...

  •  2
  •  0

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR日本って、駅の数のわりに画になる駅が少ない気がする。鉄道網が発達して駅が身近だったからなのか、海外のターミナル駅にある「特別な場所」の雰囲気があまりない。...

  •  2
  •  0

ボルダリング

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR山頂の家の吹き抜けでやってみたいけど、壁の強度が足らないらしい。裏の崖でやってみるか?...

  •  6
  •  0

御礼参拝

X-Pro2+XF23mm F1.4Rのどけき春の日。湯島天神へ息子の中学合格の御礼参拝。御礼の絵馬の多いこと。みんなおめでとう!さあ、みんなここがスタートだ。...

  •  6
  •  0

日常写真

LEICA Q (TYP116)正直言って、写真に撮りたいものなんて気分で変わる。場所、天気、季節、時間帯、人の動き、自分の体調・・・そう、使っているカメラでも変わってしまう。「日常写真」というジャンルはそれが許される気がして、気に入っている。...

  •  3
  •  0

評価

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WRFrickerや500pxなど写真系SNSでのポートレート写真の評価(いいね)は、写真の良し悪しというよりもモデルのクオリティで決まっている気がする。まぁ仕方ないんだけどね・・・。...

  •  2
  •  0

高台

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR漁村の高台には神社が祀られていることが多い。海の安全祈願とともに、津波などの避難場所にもなるという先人の知恵。ちょっと人が多すぎる気もするが。...

  •  2
  •  0

出発!

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WR受験が終わった息子に「どこか遊びに行こう」というと、「○○線に乗りたい」という返事が返ってくる。どこかへ行きたいわけじゃなく、鉄道の車両自体に興味があるらしい。私は駅の風景とか駅前のスナップとかが撮れれば良いので、簡単に話がまとまる。息子は中学に入ったら鉄道研究会に入るそうだ。そうなるとこうして二人で出かけることも少なくなるだろう。受験から入学までの時間は短い。...

  •  4
  •  0

ガード下の家・線路脇の家

X-Pro2+XF10-24mm F4R OIS鶴見線のガード下にはフツーに家が建っている。屋根がいらないから効率的だし、線路のすぐ脇よりも静かなのかもしれないけど・・・。横須賀線のすぐ脇の家が工事中だったので、ちょっと失礼して。...

  •  2
  •  0

海芝浦

X-Pro2+XF10-24mm F4R OIS鶴見線と言えば、海芝浦駅。日本で一番海に近い駅、というか、海の上に張り出すように作られた駅。電気機器メーカーの工場内の駅で社員以外は駅から出られないので、折り返しの列車で帰る。のんびりしすぎると次の列車は2時間後!それも悪くはないけど。...

  •  4
  •  0

ガード下のダークゾーン

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WRガード下のダークな空間には、もはや営業していないのか?それとも夜になると開店するのか?謎の一杯飲み屋が数軒。X-Pro2+XF10-24mm F4R OISここは路地ではなく、駅のコンコース。一部のマニアの間では有名なJR鶴見線の国道駅だ。駅の周囲は住宅街だから、朝晩はそれなりに乗降客がいるのかもしれない。でも、一見さんの私が夜、この駅に入って行くにはかなりの覚悟が必要だ。...

  •  6
  •  0

対岸の桜

X-Pro2+XF18-135mm F3.5-5.6R LM OIS WRインフルエンザと花粉症の合わせ技が流行しているらしい。病気も日々進化している。ヒトはそれ以上に進化しないとダメと言うことか・・・。それともヒトが進化をやめれば病気も進化を止めて、そこで落ち着くのだろうか?...

  •  2
  •  0

メタル調

LEICA Q (TYP116)メタル調の橋は、季節をわかりやすく反映する。...

  •  2
  •  0

ガラス

X-Pro2+XF56mm F1.2Rすりガラスじゃ外が見えなくてつまらない、かといって人混みの多いところで丸見えなのも抵抗がある。これくらいのガラスがちょうど良いが、なんて呼べば良いのか・・・?...

  •  6
  •  0

総括

EOS 5D Mark IV+EF24-105mm F4L IS II今年の冬はともかく寒いだけで雪がほとんど降らなかった。・・・なんて総括していると、季節はずれの大雪に見舞われたりする(かも)。山の自然は甘くはない(かも)。...

  •  2
  •  0

路地撮り

LEICA Q (TYP116)路地撮りの良いところは、被写体が日本中どこに行ってもあるということ。怪しいところも多くて、それもまた愉しみのひとつだ。...

  •  2
  •  0

路地天国

X-Pro2+XF56mm F1.2R東京の自宅周辺は言わずと知れた路地天国。ブログのネタが切れそうになったら飛んでいけば、2,3回分の写真はどうにかなる。難点は、路地がメジャーすぎて秘密めいたところが少ないことか。良いのが撮れなかったらどこかの店に潜り込めば、写真のことなどすぐに忘れる。...

  •  4
  •  0

路地裏の愉しみ

X-Pro2+XF56mm F1.2R「路地裏」は路地の裏ではなく、「路地」とほぼ同じ意味だそうだ。「裏」がつく分、秘密めいて好奇心を揺さぶる。・・・とすると「楽しみ」ではなく「愉しみ」だ。...

  •  2
  •  0