真冬日の夕陽は雪雲に押しつぶされそうだった

真冬日の夕景
LIECA M9+C Sonnar T* 1.5/20 ZM

朝の最低気温氷点下9度、昼間の最高気温氷点下1度。
いわゆる真冬日。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ここをクリックすると私に10ポイント入ります。よろしければぜひ!

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
トシトシ

No title

先生、タイトルと写真の関係が、イマイチ、分かり難いのですが。。。

  • 2010/12/26 (Sun) 17:38
  • REPLY
yukimaru

No title

こんばんは。

空を見れば曇り
でも陽は差している・・・
きっと低い位置からの夕日
それに覆いかぶさるような雲・・・

雲に押しつぶされそうな
夕日を想像できます。

  • 2010/12/26 (Sun) 19:22
  • REPLY
山頂の住人

Re: No title

トシトシさん・・・、
> 先生、タイトルと写真の関係が、イマイチ、分かり難いのですが。。。
そう?わかりにくかったですか?
ポイントは、壁に映った木の影です。
こんなにくっきりと影が出るほど夕陽が強いのに、空はまっ暗。
そこに気づいて頂けると幸いです。

  • 2010/12/27 (Mon) 00:40
  • REPLY
山頂の住人

Re: No title

yukimaruさんこんばんわ。コメントありがとうございます。
> 空を見れば曇り
> でも陽は差している・・・
わかって頂いてありがとうございます。
近所のスーパーの駐車場での撮影なのですが、まず、建物に写っている大きな木の影に気づきました。
でも空はまっ暗。夕陽が顔を出しているのは、重い雪雲に空いたほんの小さな穴からだった・・・。そんな光景を撮ってみました。

  • 2010/12/27 (Mon) 00:48
  • REPLY