山頂の自宅のまわりでブラライカ

階段と街灯
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

休日の朝は家のまわりを散歩する。
あまりに身近すぎる場所でブラライカ(ライカを持ってブラブラ歩き)。

ミツバ

この時季輝く緑は何故か嬉しい。
近所の家庭菜園のミツバだけど・・・。

カラマツ積もる

そこら中に容赦なく積もるカラマツの葉。
脂っこいので結構滑る。
車のエアフィルターなんかにも詰まって大変。
でも、どことなく懐かしい秋の山の香りを漂わせてくれから嫌いではない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。まぁこんな写真があっても良いんじゃないと思っていただいたら、是非クリックを!

関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
kenji

No title

いつも見ています!

山頂の住人

Re: No title

kenjiさん、始めまして。
> いつも見ています!
ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします。
kenjiさんのブログも拝見しました。
今度コメントもさせていただきます。

  • 2011/12/01 (Thu) 05:42
  • REPLY
大魔王さま

おお・・・

カラマツって そんなに大変なんですか?

そういえば エアフィルター・・・
掃除でもする事にします♪♫

つきあかり

白秋

落葉松・・・北原白秋の詩を 思い出しました。好きな詩で 以前は毎日音読していたのに・・切れ切れにしか 思い出せません・・・音読の本 どこにしまっただろうかと ごそごそやってますよ。白樺と言い落葉松と言い 文学的と思うのは 古い人間だからでしょうか。

山頂の住人

Re: おお・・・

大魔王さま、いつもありがとうございます。
> カラマツって そんなに大変なんですか?
実際に木から降っている時ってすごいですよ。
道を歩いていると体じゅうからまつの葉だらけになります。
雪と違って溶けないので、東京まで大量にくっついてきてしまったりして、周囲の人に驚かれたりします。

  • 2011/12/02 (Fri) 09:08
  • REPLY
山頂の住人

Re: 白秋

つきあかりさん、こんにちわ。
> 落葉松・・・北原白秋の詩を 思い出しました。
カラマツを「落葉松」って書くのがいいですよね。
私も漢字を使うときには必ずそうしています。
「唐松」じゃぁねぇ・・・。
でもときどき読めない人がいたりするのが残念です。
>白樺と言い落葉松と言い 文学的と思うのは 古い人間だからでしょうか。
日本古来の樹木もそうですが、ポプラとかバオバブなんていうのにも一種文学的なものを感じてしまいます。
万国共通の感情なんでしょうね。

  • 2011/12/02 (Fri) 09:15
  • REPLY