絵本作家のアトリエ

絵本作家のアトリエ1
LEICA M9+SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH.

安曇野のちひろ美術館に「いわさきちひろの黒姫山荘」が移築・展示されている。しかし元々山荘のあった黒姫高原にも「いわさきちひろの山荘」がある。

絵本作家のアトリエ2

ほぼ同じ作りの建物で、どちらが本物なのかよくわからない。

絵本作家のアトリエ3

黒姫高原の方は中に入って、いわさきちひろな気分になれるところがいい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←ランキング参加中です。ここをクリックすると私に10ポイント入ります。よろしければぜひ!

関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
大魔王さま

むむっ!!

いわさきちひろ?? けっ・・・ 検索します!

帰って来ました!!
えらい独特の作風ですね。
名を残すのが分かるような気がします。

因みに・・・
私が残せそうなのは、食べ物のシミくらいです。

mu.choro狸

いわさきちひろの世界こそ、カメラ女子の世界ですよね。
誰でもが一度観たらファンになってしまう。

本人がいなくてもそういう気分になってしまいそう。

  • 2013/06/04 (Tue) 14:56
  • REPLY
山頂の住人

Re: むむっ!!

大魔王さま、いつもありがとうございます。
> 名を残すのが分かるような気がします。
女性好みの絵ですよね。
絵本で目にすることが多いと思います。
絵自体は、以前取り上げた「安曇野ちひろ美術館」に展示されいています。
>
> 私が残せそうなのは、食べ物のシミくらいです。
むむ・・・そろそろ後世に残す物を考えなければいけないのかぁ・・・。

  • 2013/06/05 (Wed) 08:51
  • REPLY
山頂の住人

Re: タイトルなし

mu.choro狸 さん、おはようございます。
> いわさきちひろの世界こそ、カメラ女子の世界ですよね。
まさにそうですね。モチーフの切り取り方なんかとても参考になります。
>
> 本人がいなくてもそういう気分になってしまいそう。
黒姫には作品自体の展示はほとんどありません。
作品は安曇野ちひろ美術館に集約しているみたいです。

  • 2013/06/05 (Wed) 08:53
  • REPLY
minton

新婚時代に練馬区のちひろ美術館の近くにいましたが、忙しく行けずじまいでした。
若い頃は生活と子育てと仕事と勉強で、絵を楽しむという気持ちの余裕がなかったのです。
安曇野のちひろ美術館でちひろの作品を見て、静かで深い感動がありました。
彼女の人生が絵に詰まっているんですね。
普段のちひろ美術館には彼女の使っていた画材などはありましたが、このような展示がないので、移築されたのであればまた訪れてみたくなりました。

山頂の住人

Re: タイトルなし

mintonさん、おはようございます。
> 彼女の人生が絵に詰まっているんですね。
優しいだけじゃない、絵に込められた「何か」が美術館に行くと少しだけわかる気がしますね。
> 普段のちひろ美術館には彼女の使っていた画材などはありましたが、このような展示がないので、移築されたのであればまた訪れてみたくなりました。
安曇野ちひろ美術館の北側に、黒姫山荘として公開されています。
ただ、外からアトリエの様子を眺めるだけで、中には入れません。
黒姫の方は、童話館という博物館の裏に建てられていて、こちらは中に入ることができます。
安曇野は「移築」を公言しているので、黒姫はレプリカかもしれません。

  • 2013/06/06 (Thu) 09:08
  • REPLY