高度

川を渡る気球
EOS 5D Mark IV+EF70-200mm F4L IS

ヘリによる空撮は原則として高度300m以上と決められている。
ドローンが普及するまで、それ以下の低い空撮といえばエンジン付きパラグライダー位しかなかった。
貴重な映像としてニュースステーションなどでご覧になった方も多いだろう。
気球も低空からの景色を楽しむには良いが、進行方向と高さを同時にコントロールできないので、目的を持った撮影には向かない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
大魔王さま

むむ・・・

瀬戸大橋等のメンテナンス動画で、主塔から見下ろすシーンなんか失神モノです。
私の高所恐怖症は、その場にいなくても同じみたいです。
たとえドローンが操縦できたとしても、モニターで確認した時点で拙そうです♪♫

山頂の住人

Re: むむ・・・

大魔王さま、いつもありがとうございます。
> 瀬戸大橋等のメンテナンス動画で、主塔から見下ろすシーンなんか失神モノです。
そういう方もいれば、世界中の昇ってはいけないような高所に昇って写真を撮るのを趣味(?)にしている人もいます。
高所恐怖症ではない私が見てもハラハラする写真なので、あえて紹介はしませんが、ご興味があれば探してみてください。

  • 2017/01/15 (Sun) 18:16
  • REPLY