稲刈り

稲刈り1
LEICA M10-P+SUMMILUX-M 1:1.4/50 ASPH.

山頂の街周辺で稲刈りが始まった。
毎年思うのだけど、どこよりも田植えの遅いこの地が、稲刈りはどこよりも早いのはなぜなのだろう?

稲刈り2

今年はまだ本州を襲うような台風が来ていない。
でも、この先はどうなるかわからないから、とっとと天日干しして収穫してしまうのが正解なのだろうな。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ ランキングに参加しています。よろしければクリックを!

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
minton

僕の想像ですが、適温だからじゃないでしょうかねえ。
ある温度が成長のトリガーである温度が収穫の温度だろうと想像しています。
その温度に合わせて成長できる品種がそのエリアで選ばれていると思うんです。

山頂の住人
山頂の住人

Re: タイトルなし

mintonさん、こんばんは。
> 僕の想像ですが、適温だからじゃないでしょうかねえ。
> ある温度が成長のトリガーである温度が収穫の温度だろうと想像しています。
> その温度に合わせて成長できる品種がそのエリアで選ばれていると思うんです。
そうなんでしょうね。
だとすると、寒いところの方が効率がいいという事になりますね。
極端に寒くない地域なら、高温地用と寒冷地用を組み合わせて二毛作も可能?なんて思ったりします。
まぁお米の需要がそこまでないのかもしれませんが。

  • 2020/09/26 (Sat) 23:04
  • REPLY