裏見

しだれ桜のウラ
SIGMA fpL+35mm F2 DG DN | Contemporary

隣町のお寺の隅のしだれ桜が大きく枝を伸ばして咲いていた。
花の先は地面すれすれまで垂れ下がっていて、幹との間には広い空間ができている。
しだれ桜のウラはどうなっているのだろうと、中に入ってみたが、黒い枝が何本も上から下へ垂れ下がっているだけだった。
東北地方ではこれを「すだれ桜」(「す」と「だ」には小さい「ン」がはいる。ハイ言ってみましょう「すだれ桜!」)と言うとか言わないとか・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
ランキングに参加しています

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
Neoribates

すだれ桜ですか.近くの寺の垂れ桜は35年ほどまえに植えられたものですが,植栽されて数年間は見事な花を付けてましたが,それから段々と花の勢いがなくなってきています.こういう自然のシダレは裏から見るのもイイです.

山頂の住人
山頂の住人

Re: タイトルなし

Neoribates さん、
> すだれ桜ですか.近くの寺の垂れ桜は35年ほどまえに植えられたものですが,植栽されて数年間は見事な花を付けてましたが,それから段々と花の勢いがなくなってきています.こういう自然のシダレは裏から見るのもイイです.
桜の寿命って意外と短い、かと思いきや、数百年なんていうのもあって、よくわかりません。
山頂の街周辺は、ソメイヨシノよりもしだれ桜の方が多い様な気がします。

  • 2023/04/30 (Sun) 00:14
  • REPLY